なのはなコンペ

第20回なのはなコンペ2022

key-visual_nanohana_2022_entry.png

千葉大学学術研究・イノベーション推進機構(IMO)は、本学教員や大学院生のアントレプレナーシップ(起業家精神)を高めるとともに、技術シーズをもとにした事業化に必要なエッセンスを学んで頂くことを目的として,第20回なのはなコンペの参加者を募集します。今年は第20回の記念の開催に伴い、内容を大幅にリニューアルいたしました。

座学と演習を通じた事業開発ノウハウの習得、最終ピッチを通じた発信力の獲得、プログラムを通じた参加者同士の交流を目的とし、1次審査(書類審査)通過者を対象とした全4回のワークショップと最終審査(ピッチコンテスト)の機会を提供いたします。

ワークショップは、仮説検証を繰り返しながら効率的に事業を立ち上げていくリーンスタートアップの学習プログラムである「リーンローンチパッド」を千葉大学IMOが研究者向けにアレンジし、全4日のプログラムとして開催します。毎回宿題が課される大変なプログラムですが、終了時には市場とのギャップだけでなく顧客ニーズのつかみ方が身に付きます。

新着情報

2022.4.28  募集ページをオープンしました

募集期間

2022428- 2022526日 17:00

申請方法

申請書をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールにてIMOホームページ・アントレプレナーシップ教育担当までお送りください。チームで参加する場合は、参加者全員の情報を記載してください。

ファイル形式はワードファイル、ファイル名は"代表者⽒名.docx"としてください。

(例 代表者⽒名:foo bar の場合 → ファイル名:FooBar.docx)

申請書送付先

IMOホームページ・アントレプレナーシップ教育担当

imo-entrepreneur@ (@マーク以下に、chiba-u.jp)と入力してください。

募集要項・申請書 ダウンロード

スケジュール

募集期間:4月28日(木)- 5月26日(木)17:00

1次審査(書類審査):5月27日(金)- 6月1日(水)

ワークショップDay1:6月8日(水)13:30 - 17:30

ワークショップDay2:6月29日(水)13:00 - 17:00

ワークショップDay3:7月12日(火)13:00 - 17:00

ワークショップDay4:7月28日(木)13:00 - 17:00

ピッチコンテスト:8月~9月(予定)

参加資格

以下の①~⑤をすべて満たすこと

表彰および研究助成

最終審査(ピッチコンテスト)で、将来性のある優秀なビジネスプランを選考し、最優秀賞、優秀賞などを表彰いたします。 最優秀賞、優秀賞にはそれぞれ、千葉大学独自の学内GAPファンド()資金としてIMOより300万円100万円を授与します。

さらに、「後援者賞」を設置し、後援者より奨励⾦の授与を予定しています。(複数後援者参加予定)。

(※)GAPファンドとは、事業化に向け研究機関に属する研究成果と事業化との間のギャップを埋めるため、仮説検証のためのデータ(実験結果、計算結果)を得てPoCを得る、あるいは、試作品製作、ビジネスモデルのブラッシュアップ等を進めるための資金です。

コンペの流れ

【1次審査(書類審査)】

書類選考にて合計 6 チーム程度を採択します。

【ワークショップ】

全4回で、以下の内容を中心に学びます(順番が変更されたりする可能性もございます)。

※状況によっては、オンライン開催となる場合がございます。

事業化に必要な知識だけでなく、グループワークを通してプレゼン力や思考力を養うと共に、専門分野を超えた仲間との出会いも大きなメリットとなります。

※状況によっては、オンライン開催となる場合がございます。

【最終審査(ピッチコンテスト)】

外部審査員を招聘し、コンテスト形式で行います。最優秀賞、優秀賞、後援者からの特別賞を決定します。

※最優秀賞、優秀賞受賞チームには、ピッチコンテスト後に別途GAPファンド資金の2022年度、2023年度執行計画を提出いただきます。

問い合わせ

IMOホームページ・アントレプレナーシップ教育担当

imo-entrepreneur@ (@マーク以下に、chiba-u.jp)と入力してください。